酵素ダイエットでプチ断食の方法

酵素ダイエットの方法の中で、特に話題になっているのが、プチ断食という方法ですね。
プチ断食というのは、丸1日、普通の食事を摂取せずに代わりのものを摂取する方法です。
この方法では、普段酷使しすぎている胃腸を休めることができるので、胃腸の働きが活発になり、高いデトックス効果が望めると言われています。
酵素ダイエットで行うプチ断食では、1日3食の食事をすべて、酵素ドリンクに置き換えて行います。

 

酵素ダイエットのプチ断食を行う際は、プチとはいっても、準備期間と回復期間を含め、最低3日はかかるということを頭に置いておいてください。
まず、準備期間として、1日目の食事は軽めにし、特に夜の食事は消化の良い和食を、普段の8割程度食べます。
遅い時間の食事やお酒は辞めて、早めに寝て体調を整えておきます。

 

そして2日目は、朝食・昼食・夕食のすべてを酵素ドリンクに置き換えます。
酵素ドリンクを希釈するのは、水か無糖の炭酸水で行いましょう。

 

また、3食の時間の酵素ドリンクのみでは、どうしても空腹感を感じてしまうので、約3時間おきに、空腹感を感じたら無理せず酵素ドリンクを摂取するようにします。
水も十分に摂取してください。

 

そして3日目には、回復食と言われる、消化の良い食べ物を少しずつ食べるようにします。
朝食はお粥やヨーグルトを少量、昼食はお粥とかぼちゃの煮物、夕食はお粥と煮物と豆腐・・・
このように、少しずつ食べる量や内容を増やしていきます。

 

回復食の時にドカ食いをしてしまうと、胃腸の調子が悪くなるうえに、大きくリバウンドしてしまうことになるので、注意してくださいね!