酵素ダイエットでお気に入りのジュースを作ろう!

酵素ダイエットに使う酵素ジュースは、実は手作りすることも可能です。
好きな野菜や果物を細かく刻み、同量の砂糖を加えて手で混ぜて常温でしばらく置き、発酵させて作ります。
このとき、発酵するのは、手についた常在菌のパワーですので、特別に何か加えなくても酵素ジュースができてしまうのです。

 

季節や気温にもよりますが、1週間程度発酵させればシュワシュワと泡が出てきます。
そうなったら、材料をザルで漉して、酵素原液の出来上がりです。
出来上がった酵素原液は冷蔵庫で保管し、水などで希釈して楽しみます。

 

手作りの酵素ジュースは、中に入れる食材をお好みで工夫できるので、自分好みのものを作れるのが利点です。
梅やレモン、リンゴなど、身近にある果物を使うと、とってもおいしい酵素ジュースが出来上がります。
いろんな食材を組み合わせて、お気に入りの味を見つけるのも面白いですね。

 

ただ、発酵させる過程が面倒だとか、作り方が難しいと感じる場合には、もっと気軽な酵素入りのジュースを作ることもできます。
例えば、話題のグリーンスムージー。
ヨーグルトと、お好みの野菜や果物をミキサーにかけ、朝食に置き換えて飲んだりします。
生の野菜と果物を使うので、こちらもしっかり酵素を摂取できるジュースなんですよ!
中に入れる野菜と果物の種類を変えながら、お気に入りの組み合わせを見つけてみましょう!

 

酵素ダイエットは、お気に入りの手作りジュース作りから始めると、より深く楽しむことができますね!