断食ダイエットには回復食を

断食ダイエットのポイントは、何を断食後に摂取するかということで食事を抜くことではありません。
要注意なのは、どんな食事をするかがダイエットの結果を決めることになるということです。
断食ダイエットというと、とかく食事をしないことに目が向きがちです。注意すべき点は、断食終了直後の体はリバウンドしやすくなっているという事です。
頑張って断食ダイエットをしたのに、その後でまた体重がリバウンドしてしまったらダイエットが無意味になってしまいます。
できるだけ省エネルギーをしようとし、脂肪を貯めようとする体になっているのが、エネルギー不足になってしまった断食した後の体なのです。
断食ダイエットの直後に食べたものは、いつもより備蓄脂肪分に回されやすくなっているのです。
断食ダイエットを実践した後に不可欠なのは、回復食を摂取する移行期間で、急に通常の食事をしてはいけません。
移行期間は慎重に回復食の摂取を実践することが不可欠で、断食をした日数の2倍はかかるといいます。
回復食のメニューには気をつけるようにしなければなりません。2日間断食をした人は、4日間に渡って回復食を食べるという具合です。
回復食のメニューにぴったりなのは消化の良いスープやお粥などです。
時間をかけてよく噛んで食べることと、断食の後は舌が敏感なので薄味を心がけることが大切です。
移行期間に回復食の摂取をする場合には食べ過ぎに要注意です。
断食後に食べるものがおいしくて、ついつい食べすぎてしまうと、すぐにリバウンドしてしまうので、注意していただきたいものです。